自分の夢を求めるか現実の仕事の収入か

看護師は、様々な場所や科を選択することができる職種です。
どこで働きたいかを選択し、夢をもって働いている人もいますが、自分の希望にピタリと沿った雇用形態を獲得している人は少ないのです。人は誰しも、ライフスタイルが年齢と共に変化していくので、自分の生活を見直す分岐点が必ずやってくるものです。
そして看護師は、女性の多い職種であり、その為結婚や出産、育児と男性よりもライフスタイルの変化が多くなっているようです。独身であっても、結婚し家庭を持っていても必ず働いている以上は、その給料が夢に見合った賃金がもらえるかどうかは別問題でなのです。
看護師の給料も、同じ時間働いていても場所や地域によって値段は様々になります。また結婚すると配偶者ができ、その相手の価値観も視野に入れながらお互いの人生設計を立てていかなければいけなくなります。共働きが多い中、女性が働きやすい環境は多くあり、育児休暇など利用しながら働けたり、また育児休暇明けの子供を預けながら仕事ができる病院と保育園が共同の敷地内にあるなどの設備も増えてきているのも現状です。
核家族化が進んでいるなかで、職場に保育園や託児所があることはとても働きやすい環境といえることでしょう。それでも、全ての企業にそのような施設が揃っているわけではありません。
家庭を持つ人も持たない人も、夢を実現しながら希望に沿う給料を貰い尚且つライフスタイルを崩さないよう生活していくことは難しいですが、両方を天秤に掛けながら生活しているのです。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です